サッカー日本代表:埼玉スタジアム2002

スタジアム:埼玉スタジアム2002

所属:埼玉県

建設:1998年(平成10年)~2002年(平成14年)

利用人数:63,700人

利用状況:浦和レッズ(2001年~)、大宮アルディージャ(2005年~2007年、2009年~2010年)、日本代表(2001年~)

総評:

2002 FIFAワールドカップを日本で開催する為に作られたサッカースタジアムの一つである。日本国内の球技専用競技場としては最大となる63,700人を収容できるスタジアムで、日本プロサッカーリーグJリーグ)、サッカー日本代表国際Aマッチなどでも使用されている。こけら落としは2001年10月13日のJ1リーグ戦・浦和レッズvs横浜F・マリノスで、この試合の観客60,553人は当時のJリーグ最多記録となった。

周辺は都市公園埼玉スタジアム2002公園」として機能しており、サブグラウンド3面[6、フットサルグラウンドといったサッカー関連施設のほか芝生広場もある。これらの施設を利用したスポーツクラブも開設され、レストハウス(レストラン)も含めて一般市民に開放されている